toggle
スマホ/タブレット/時計(スマートウォッチ)のコーティング

コーティングとは

ガラスコーティングとは

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、最近ガラスコーティングが注目されておりコーティングをする為のセットなどがショッピングサイトなどで販売されていたり、大手携帯ショップでも取り扱いされ始めています。

このガラスコーティングって何なのか、何ができるのか?を説明させていただきたいと思います。
まず当店ではコーティング剤に有機物が含まれていない、無機溶剤をガラスコーティングと呼んでおります。
有機溶剤の中にはフッ素コーティングもございます。

有機溶剤を含んだコーティング剤は比較的安く購入することができ、濃度が薄く乾燥が遅い為、初めての方でも比較的施工のしやすいものとなっております。
ですが、無機溶剤のガラスコーティングに比べると耐久性がなく落ちやすいものとなっております。

当店で扱う無機溶剤のガラスコーティングは皮膜が厚く傷や汚れから紫外線や酸性雨にも強いのが特徴です。
ですが、コーティングの濃度が濃く施工の難易度が上がり、設備や技術がないとムラや気泡、埃が混入したりします。
当店では技術を備えたスタッフが施工致しますので、ご安心くださいませ。

例えばスマートフォンやタブレットなどにガラスコーティングを施すとどうなるのか。
スマートフォンやタブレットの画面の表面は一見平らに見えますが、電子顕微鏡などで拡大して表面を見ると、凸凹しております。
ガラスコーティングではこの凹凸に液体のガラス溶剤を塗り込み蓋をして、より平らな状態にし施工箇所の強度をあげることができます。
また凹凸が平らになることにより、その凹凸に汚れがたまりにくくなる為汚れも落ちやすくなります。
靴やバッグにガラスコーティングを施工すると、スレや汚れ防止になります。より、長く綺麗にお使いいただくことができます。

またガラスコーティングにはチタンコーティングという種類がございます。こちらはガラスコーティングに加えて、ブルーライトカット/抗菌効果/防臭効果/電磁波カット効果がございます。
各効果の詳細についてはブログにて記載させていただきます。
そして最初に出て来たフッ素コーティングは油や水を弾き、粘着性のものも吸着しにくくなる性質を持っています。
このフッ素コーティングをスマートフォンやタブレットに施工すると、施工箇所の指ざわりがとてもよくなり、指紋もつきにくくなります。

ただこちらは有機溶剤となっており、耐久性があまりないものとなっております。その為、当店では無機溶剤のガラスコーティングと合わせてコーティングをするのをおすすめしております。なぜかと言いますと、無機溶剤のガラスコーティングと合わせて施工を行うとフッ素溶剤がガラス溶剤に吸着し通常よりも長持ちさせることができます。


ガラスコーティングは何ができるか

ガラスコーティングは液体のナノガラス溶剤となっております。スマートフォンなどの画面は一見平に見えますが、電子顕微鏡などで拡大してみると、小さな凹凸が複数ございます。

スマートフォンなどを落とした際に、画面に衝撃が走り凹凸の弱い部分からヒビが入り割れてしまいます。

ガラスコーティング はこの凹凸にガラス溶剤を塗り込み、凹凸を埋めてあげてより平な状態にし、画面の強度をあげるものとなっております。また、凹凸を埋めたことによりより滑らかな指ざわりになり、画面がクリアになります。

​こちらは衝撃にどれくらい耐えるのか検証しております。

フッ素コーティングは何ができるか

フッ素コーティングは施工箇所をすべすべにし、水や油を弾く性質を持っております。

​水を弾くことによってより、水没の危険を回避し、油を弾くことによって指紋汚れをつきにくく、汚れがついてもさっと一拭きでほとんど落ちるようになります。

​こちらでは指紋がどれくらいつかないか検証しております。

電話相談/電話予約はコチラ